サーバ

zabbixバージョン6.0の推奨の監視項目とzabbix agentのインストール

zabbixは様々なデータを取得でき、それを条件にしてアラートを発生させることができます。サーバ(LinuxやWindows)の詳細なデータを取得する場合は、zabbix agentを監視対象のサーバにインストールする必要があります。本記事では推奨の設定項目とzabbix agentのインストール手順を記載します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたネットワーク機器監視

zabbixバージョン6.0を用いてネットワーク機器を監視する手順をご紹介します。zabbixではスイッチなどのネットワーク機器を監視する際の必要な監視項目がまとめられたテンプレートが事前に設定されていますので、そのテンプレートに割り当て手順を記載します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたSNMP trap監視

zabbixバージョン6.0を用いて監視対象機器から送信されたSNMP trapを監視する設定をする手順をご紹介します。様々なイベントに関するSNMP trapが出力されるため、リンクダウンや機器の故障などを監視する場合に設定します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたWebシナリオ(Webページ監視)

zabbixバージョン6.0を用いてWebシナリオ(Webページアクセス時の動作)を監視する設定をする手順をご紹介します。Webページにアクセスした際のHTTPレスポンスコードが200番以外だった場合にzabbixにてアラートを発生させる手順を記載します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたWindowsイベントログ監視

zabbixバージョン6.0を用いてWindows OS上のWindowsイベントログを監視する設定をする手順をご紹介します。Windowsイベントログには様々なログが出力されるため、ログが出力された場合にアラートを発生させる場合にzabbixで監視します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたWindows OSのサービス状態監視

zabbixバージョン6.0を用いてWindows OSの特定のサービス起動状態を監視する設定をする手順をご紹介します。重要なサービスが正常に起動しているか監視する際に、Windows OSのサービス起動状態を監視します。
サーバ

zabbixバージョン60を用いたファイルの変更(チェックサム)監視

zabbixバージョン6.0を用いて特定のファイルの変更(チェックサム)を監視する設定をする手順をご紹介します。重要なファイルが変更されたことを検知する場合に、zabbixでファイルの変更有無(チェックサム)を監視します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたログファイル監視

zabbixバージョン6.0を用いて特定のログファイル内の文字列を監視する設定をする手順をご紹介します。ログファイルにエラーなどが出力されるため、そのエラーを検知するためにzabbixでログ監視します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたプロセス監視

zabbixバージョン6.0を用いて特定のプロセスの起動状態を監視する設定をする手順をご紹介します。プロセスが停止すると、そのプロセスで動作しているサービスが提供できないため、重要なプロセスを監視することを推奨します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたドライブのディスク空き容量監視

zabbixバージョン6.0を用いて各ドライブのディスク空き容量を監視する設定をする手順をご紹介します。ディスクの空き容量が少ないの場合、ファイルを格納できなかったり、プログラムを実行できないなどの障害が発生する可能性があるため、zabbixでの監視を推奨します。