zerizeri

セキュリティ

Trend MicroのEDR体験版を使ってみた

Trend MicroのEDRの体験版を用いて無料で30日間使用するための手順を記載します。本記事では、Trend MicroのEDRの体験版の申し込み、初期設定、ダウンロード/インストール、検知テスト、検知情報確認、クライアント隔離、クライアント隔離解除の流れで手順を記載します。
AWS

AWS上にトレンドマイクロのService Gatewayを構築してみた

トレンドマイクロのService Gatewayとは、Vision Oneをオンプレミスのトレンドマイクロ製品やサードパーティ製品と連携させるための仮想アプライアンスサーバーです。 本記事ではトレンドマイクロのウイルス対策ソフト(ApexOne)と連携してService GatewayのSmart Protection Services機能を使用する手順を記載します。
セキュリティ

Trend Micro Apex Oneのアプリケーションコントロール機能を使ってみた

トレンドマイクロ社のウイルス対策ソフト(ApexOne)にて実行するアプリケーションを制御する機能であるアプリケーションコントロールの設定方法、ログ確認方法、ホワイトリスト登録方法を記載します。
セキュリティ

Trend Micro Apex OneのSaaS体験版の構築

Trend Micro Apex OneのSaaS版を無料で利用する手順を記載します。本記事ではApex Oneの体験版の申請からエージェントインストールやポリシー適用の一連の流れを記載します。
サーバ

Microsoft Azureのリソース管理

Microsoft Azureでリソースを管理する際に、階層構造で管理するという考えて方があります。階層構造では、管理グループ、サブスクリプション、リソースグループの配下にリソースを割り当てることで管理します。本記事では、階層構造での管理の考え方と手順を記載します。
サーバ

Microsoft Azureのアカウント作成

Microsoft Azureとは、Microsoft社が提供しているクラウドサービスです。本記事では、Microsoft Azureの一定条件下で無料で利用できるアカウントを作成する手順を記載します。
サーバ

zabbixバージョン7.0の推奨の監視項目とzabbix agentのインストール

zabbixは様々なデータを取得でき、それを条件にしてアラートを発生させることができます。サーバ(LinuxやWindows)の詳細なデータを取得する場合は、zabbix agentを監視対象のサーバにインストールする必要があります。本記事では推奨の設定項目とzabbix agentのインストール手順を記載します。
サーバ

zabbixバージョン7.0を用いたネットワーク機器監視

zabbixバージョン7.0を用いてネットワーク機器を監視する手順をご紹介します。zabbixではスイッチなどのネットワーク機器を監視する際の必要な監視項目がまとめられたテンプレートが事前に設定されていますので、そのテンプレートに割り当て手順を記載します。
サーバ

zabbixバージョン7.0を用いたSNMP trap監視

zabbixバージョン7.0を用いて監視対象機器から送信されたSNMP trapを監視する設定をする手順をご紹介します。様々なイベントに関するSNMP trapが出力されるため、リンクダウンや機器の故障などを監視する場合に設定します。
サーバ

zabbixバージョン7.0を用いたWebシナリオ(Webページ監視)

zabbixバージョン7.0を用いてWebシナリオ(Webページアクセス時の動作)を監視する設定をする手順をご紹介します。Webページにアクセスした際のHTTPレスポンスコードが200番以外だった場合にzabbixにてアラートを発生させる手順を記載します。