サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたWindowsイベントログ監視

zabbixバージョン6.0を用いてWindows OS上のWindowsイベントログを監視する設定をする手順をご紹介します。Windowsイベントログには様々なログが出力されるため、ログが出力された場合にアラートを発生させる場合にzabbixで監視します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたWindows OSのサービス状態監視

zabbixバージョン6.0を用いてWindows OSの特定のサービス起動状態を監視する設定をする手順をご紹介します。重要なサービスが正常に起動しているか監視する際に、Windows OSのサービス起動状態を監視します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたファイルの変更(チェックサム)監視

zabbixバージョン6.0を用いて特定のファイルの変更(チェックサム)を監視する設定をする手順をご紹介します。重要なファイルが変更されたことを検知する場合に、zabbixでファイルの変更有無(チェックサム)を監視します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたログファイル監視

zabbixバージョン6.0を用いて特定のログファイル内の文字列を監視する設定をする手順をご紹介します。ログファイルにエラーなどが出力されるため、そのエラーを検知するためにzabbixでログ監視します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたプロセス監視

zabbixバージョン6.0を用いて特定のプロセスの起動状態を監視する設定をする手順をご紹介します。プロセスが停止すると、そのプロセスで動作しているサービスが提供できないため、重要なプロセスを監視することを推奨します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたドライブのディスク空き容量監視

zabbixバージョン6.0を用いて各ドライブのディスク空き容量を監視する設定をする手順をご紹介します。ディスクの空き容量が少ないの場合、ファイルを格納できなかったり、プログラムを実行できないなどの障害が発生する可能性があるため、zabbixでの監視を推奨します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたメモリ空き容量監視

zabbixバージョン6.0を用いてメモリ空き容量を監視する設定をする手順をご紹介します。メモリの空き容量が少ない場合、プログラムが実行できないなどの障害が発生する可能性がありますので、性能監視の一つとしてメモリの空き容量を監視します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたCPU使用率監視

zabbixバージョン6.0を用いてCPU使用率を監視する設定をする手順をご紹介します。CPU使用率が高負荷の場合、処理が遅くなりますので、性能監視の一つとしてCPU使用率を監視します。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いたTCP通信ポート応答監視

zabbixのバージョン6.0を用いてTCP通信ポート応答監視の設定をする手順をご紹介します。TCP通信ポート応答監視は、OSI参照モデルの第4層以下(物理層からトランスポート層)が正常に動作していることを監視しますので、zabbixで設定できる重要な監視項目です。
サーバ

zabbixバージョン6.0を用いた死活監視(ping監視)

zabbixのバージョン6.0を用いて死活監視(ping監視)の設定をする手順をご紹介します。死活監視(ping監視)は、OSI参照モデルの第3層以下(物理層からネットワーク層)が正常に動作していることを監視しますので、zabbixで設定できる重要な監視項目です。