zabbixバージョン60を用いたファイルの変更(チェックサム)監視

広告

本記事の概要

zabbixのバージョン6.0で特定のファイルの変更(チェックサム)を監視する設定をする手順を記載します。
/etc/passwdなど重要なファイルが変更された場合にアラートを発生させる際に、zabbixでファイルの変更(チェックサム)を監視します。
以下のイメージの通信が発生しますので、必要に応じてファイアウォールを開放して通信できるようにしてください。
  zabbix agentの通信

また、監視対象(Windows OS又はLinux OS)の機器にzabbix agentをインストールしている前提で記載しています。

zabbixを用いたファイルの変更(ホストの設定)

(1) [設定]-[ホスト]をクリックして、右上の「ホストの作成」をクリックします。
zabbixバージョン6.0を用いたping監視(1)

(2) 以下の内容を設定して、「追加」をクリックします。

設定項目設定値
ホスト名任意のホスト名
今回は「Test Windows」を設定します。
グループ任意のホストグループ名
インターフェース(IPアドレス)監視対象機器のIPアドレス

zabbixバージョン6.0を用いたping監視(2)

(3) 「ホストを追加しました」というメッセージ、及び設定されているホストが表示されていることを確認します。
zabbixバージョン6.0を用いたping監視(3)

zabbixを用いたファイルの変更(アイテムの設定)

(1) 作成したホストの横にある「アイテム」をクリックします。
zabbixバージョン6.0を用いたping監視(4)

(2) 右上の「アイテムの作成」をクリックします。
zabbixバージョン6.0を用いたping監視(5)

(3) 以下の内容を設定して、ファイルのチェックサムを取得するアイテムを設定します。その後、「追加」をクリックします。

設定項目設定値
名前任意のアイテム名
タイプ「Zabbixエージェント」を選択
キー今回はC:\inetpub\wwwroot\index.htmlというファイルを監視するため、vfs.file.cksum[C:\inetpub\wwwroot\index.html]を設定
 ※「vfs.file.cksum」の詳細については以下の公式サイトをご確認ください。
   [Zabbixのバージョン2.2(日本語)]
     1 Zabbixエージェント [Zabbix Documentation 2.2]
   [Zabbixのバージョン6.0(英語)]
      1 Zabbix agent
データ型文字列
ホストインターフェース監視するホストのインターフェース(IPアドレス)
監視間隔データを取得する監視間隔。
今回は15分間に一回データを取得する想定のため、「15m」を設定。
ヒストリの保存期間ヒストリの保存期間
有効チェックをつける

zabbixバージョン6.0を用いたロチェックサム監視(1)


(4) 「アイテムを追加しました」というメッセージ、及び設定したアイテムが表示されていることを確認します。
zabbixバージョン6.0を用いたロチェックサム監視(2)


zabbixを用いたファイルの変更(トリガーの設定)

(1) トリガータブをクリックして、「トリガーの作成」をクリックします。
zabbixバージョン6.0を用いたping監視(8)

(2) 以下の内容を設定して、「追加」をクリックします。

設定項目設定値
名前任意のトリガー名
深刻度アラートの重大度
条件式アラート条件
今回は特定のファイル(C:\inetpub\wwwroot\index.html)の変更を監視場合するため「change(/[ホスト名]/vfs.file.cksum[[監視対象のファイル名]=1」を設定します。
例えば、「change(/Test Windows/vfs.file.cksum[C:\inetpub\wwwroot\index.html])=1」を設定します。

 ※change関数の説明は「4 History functions (zabbix.com)」をご確認ください。
有効チェックをつける

zabbixバージョン6.0を用いたロチェックサム監視(3)

(3) 「トリガーを追加しました」というメッセージ、及び設定したトリガーが表示されていることを確認します。
zabbixバージョン6.0を用いたロチェックサム監視(4)

zabbix関連の記事

zabbix関連の記事は以下の通りです。
必要に応じて、ご確認ください。

Noタイトル記事の概要
1zabbixのハンズオン形式での勉強
(構築、監視設定、アラート確認)
zabbixのおすすめの勉強方法をご紹介します。
2仮想基盤構築(Virtualboxインストール)zabbixサーバを構築するための準備として、
仮想基盤のソフトウェアであるVirtualboxを
インストールします。
3zabbixサーバのインストール

〇zabbixバージョン5.0
[仮想環境に構築]
CentOS Stream 8Ubuntu 20.04
[クラウド環境に構築]
さくらインターネットConoHa VPS
カゴヤ

〇zabbixバージョン6.0
[仮想環境に構築]
CentOS Stream 8
zabbixサーバを構築します。
4zabbixの監視設定の流れzabbixの監視設定の流れを理解します。
5zabbixの推奨の監視項目と
zabbix agentのインストール
zabbixにて監視する推奨の項目と、
監視対象サーバにzabbix agentを
インストールする手順を理解します。
5-1死活監視(ping監視)
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
死活監視の設定をします。
5-2TCP通信ポート応答監視
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
TCPの通信ポートの応答有無を監視する
設定をします。
5-3CPU使用率監視
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
サーバのOSのCPU使用率を監視する
設定をします。
5-4メモリ空き容量監視
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
メモリの空き容量を監視する設定をします。
5-5ドライブのディスク空き容量監視
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
ドライブのディスク空き容量を
監視する設定をします。
5-6プロセス監視
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
プロセスの停止を監視する設定をします。
5-7ログファイル監視
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
ログファイル中に特定のメッセージが
出力されたか監視します。
5-8ファイルの変更(チェックサム)監視
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
ファイルの内容が変わったことを
監視します。
5-9Windows OSのサービス状態監視
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
Windows OSのサービスの起動状態を
監視します。
5-10Windowsイベントログ監視
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
Windowsイベントログに特定のログが
出力されたか監視します。
5-11Webシナリオ(Webページ監視)
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
Webアクセス時のHTTPステータスコードが
200番であることを監視します。
5-12SNMP trap監視
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
機器から送信されたSNMP trapを
受信したことを監視します。
5-13ネットワーク機器監視
  ・zabbixバージョン5.0の場合
  ・zabbixバージョン6.0の場合
ネットワーク機器の監視設定をします。
6zabbixの監視データの確認と
メール通知設定
監視データの確認方法を理解します。
また、障害発生時のアラートメールの
通知設定をします。
7zabbixの詳細設計書(パラメータシート)の
サンプル
zabbixのパラメータシートのサンプルを
記載します。
8【仕事依頼】zabbixサーバの
要件定義、設計、構築
zabbixの構築作業をご依頼いただける場合の
作業の流れなどを記載します。


zabbix関連の書籍

zabbixに関する設定を網羅的および詳細に学びたい場合、以下の書籍がおすすめです。
ページ数が多い書籍ですので、分からないことを調べる辞書の役割にもなります。